2017年猛威をふるうノロウイルスの防ぎ方、感染経路

あけましておめでとうございます。

今年のお正月は若干のトラブルもあったりして、久しぶりのばたばたした新年となってしまいました。

つもなら、酒を飲んで、ニューイヤー駅伝を見ながら寝ているところなのですが

今年はそういうわけにもいかず・・

さて、野呂さんという友人がいるのですが、ノロウイルスにかかってしまったみたいです。

僕も一度、かかったことあるのですが、1日に何度もトイレにいきました。

その数。20回ほどでしょうか。

しかも熱まで出てくるものだから、とてもつらかったの覚えていますよ。

ノロウイルスって完全には無理ですが感染をできるだけ防ぐ為にはどういうこと注意が必要なのでしょうか。
まずは、日頃からできる予防策をしていきましょう。
食品はしっかりと加熱することが大切です。生ものやばいですよ。
食事はなるべく火を通したものを召し上がってくださいね。
特に貝類(主に牡蠣、シジミ、アサリなどの二枚貝)はしっかり加熱した状態であれば感染しませんが、
特に注意が必要あのは、お年寄りや子供、大人であっても体調の悪い人が、生や不十分な加熱状態で食べると、
感染するリスクが高まります。
二枚貝を食べるときは、中心部まで十分加熱調理(85~90℃で90秒以上)しないといけないのです。
抵抗力の弱い高齢者や赤ちゃんは避ける方が無難です。
一般的にウイルスは熱に弱く、加熱によりウイルスは活動をやめてくれます。
なるべく加熱したものを口にするようにしましょう。
また、消毒も大切です。

キッチンや調理器具はしっかりと消毒をしましょう。
調理台や非金属製の調理器具は洗剤などを使用して十分に洗浄した後、
次亜塩素酸ナトリウム(0.02%以上)で浸すように拭き取ります。
でも、次亜塩素酸ナトリウムは金属を腐食(さび)させる性質があります。

包丁などの
金属製調理器具や食器類はアルコールによる二度拭きします。

それか熱湯(85℃で1分以上)による加熱が有効とされています。
特に二枚貝を調理する場合は専用の調理器具を用いるか、使用のたびに、熱湯消毒するなどの対策を行いましょう。

しっかり対策してのろういるす予防をしてくださいね。

コメントを残す